About "createadmin"  (list)


[Home]  [Login]    (Number of createadmin: 2)

:
2008/03/06  00:37:27  spr8lqbt    in PositLog - Install
[createadmin] [インストール]
===============================================================
 Positlog インストールマニュアル

 Copyright (c) 2006-2008 Hidekazu Kubota. All rights reserved.
  <hidekaz@positlog.org>
   http://positlog.org/

 Change Log:

 2008-03-05 Version 0.61
 2008-02-12 Version 0.6
 2007-08-22 Version 0.583
 2007-04-23 Version 0.5
 2006-11-22 Version 0.4
 2006-08-07 Version 0.3
 2006-07-30 Version 0.2
 2006-06-05 Version 0.1
===============================================================

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
1.はじめに
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

本文書ではPositLogの新規インストール方法について説明します.

- 0.60, 0.60ベータ版,0.61b1からのアップグレードの場合,ver061b1to061.txtの指示に従ってください.

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
2.インストールのために必要な環境
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

PositLogはCGIプログラムであり,以下の条件を満たすサーバ環境で動作します.

・Perl 5.8 以上が問題なく動作するサーバ
 (よりバージョンの古いPerlでも動作するかもしれませんが,
  おそらくCPAN(Perlモジュールが多数登録されている有名サイト)経由で
  モジュールを追加する必要があります.)

 環境ではありませんが,PerlとCGIの設定に関する基本的な知識も必要です.


・CGI専用のディレクトリを定めているサーバ(ScriptAlias利用)は,PositLogの正式サポート外としています.このため,一部,そのままでは動作しない機能があります.また,インストール方法も本文書とは異なる部分があります.該当する場合は本文書に一通り目を通した後,scriptalias.txt を参考にしながら設置してください.scriptalias.txt に挙げたものはあくまで参考例なので,いくらか修正する必要があると思います.


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
3.Perlのインストールパス確認
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

 PositLogではPerlが次のパスにインストールされているという前提で製作されています.

 /usr/bin/perl

 別の場所の場合は,同梱の .cgi ファイル全てについて,
 冒頭部に記述された Perlのパスを変更してください.


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
4.インストールの手順
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

 サーバ上のWWWでアクセス可能な場所にPositLog用のディレクトリを一つ用意してください.
 (例)/var/www/html/positlog/
 これをPositLogのルートディレクトリと呼びます.
 PositLog以外には何も置かれていないほうがよいと思います.

 PositLogのルートディレクトリに対応するURLをルートURLと呼びます.
 (例)html://xxx.com/positlog/


 また,以下では次のような意味合いでパーミッションを記述しています.

 777 : CGIが実行される権限によって書き込み可能
 755 : CGIが実行される権限によって実行可能
 644 : CGIが実行される権限によって読み取り可能

 パーミッションについてはサーバ環境とセキュリティポリシーに応じて適宜変更してください.
 レンタルサーバを利用している場合は特に,プロバイダによるCGI設定の際の注意書きを確認してください.

----------------------------------------
(1) アーカイブを解凍
----------------------------------------

 頒布ファイル positlog061.zip を解凍してください.
 positlog061 というディレクトリ(フォルダ)が作成されます.


----------------------------------------
(2) PositLogConfig.pm を設定,設置
----------------------------------------

 positlog061/document/Japanese/ ディレクトリにある PositLogConfig.pm を開いて,
 ルートURL($rooturl)を設定してください.
 最低限これだけでも動作しますが,そのほかの設定も必要に応じて変更してください.
 (PositLogConfig.pm の文字コードはUTF8です.文字コードは変更しないでください.)

 PositLogConfig.pmはPositLogのルートディレクトリ直下に設置してください.パーミションは644です.

----------------------------------------
(3) 必須ディレクトリを作成
----------------------------------------

 PositLogのルートディレクトリ直下に必須のディレクトリを作成します.

 admindata
 bgimages
 
 という名の2つのディレクトリをパーミッション777で作成してください.

 また,PositLogConfig.pm 内で設定したページデータ保存用ディレクトリ
 ($datapath)も777で作成してください.デフォルトでは pages という名前です.
 
 ここまでの作業の結果は,デフォルトの設定のままだと次のような構成になります.
 カッコ内はパーミッションです.

 PositLogルートディレクトリ/ (755)
 |- admindata/ (777)
 |- bgimages/ (777)
 |- pages/ (777)
 |
 |- PositLogConfig.pm (644)  

----------------------------------------
(4) ファイルのコピー
----------------------------------------

 positlog061b ディレクトリ内のファイルとディレクトリについて,
 次のものを除いた全てをPositLogのルートディレクトリへ設置してください.

 - documentディレクトリ
 - htaccess, htaccess_admindata, htaccess_mod_rewrite

 基本的にはディレクトリのパーミッションは755,ファイルのパーミッションは644,
 .cgiファイルのパーミッションは755としてください..cgiファイルの位置は次の通りです.

 PositLogルートディレクトリ/
 |
 |- admintools/
 |  |- admin.cgi
 |  |- adminnavi.cgi
 |  |- admintop.cgi
 |  |- pagemanager.cgi
 |  |- pageproperty.cgi
 |  |- positlogadmin.cgi
 |  |- usermanager.cgi
 |  |- userproperty.cgi
 |
 |- system/
 |  |- fckeditor/
 |      |- editor/
 |         |- filemanager/
 |            |- connectors/
 |               |- perl/ (777)
 |                 |- connector.cgi
 |                 |- upload.cgi
 |
 |- clearCache.cgi
 |- createadmin.cgi
 |- createPage.cgi
 |- deleteSprite.cgi
 |- fileloader.cgi
 |- fileupload.cgi
 |- groupSprites.cgi
 |- pagerss.cgi
 |- positlog.cgi
 |- recentcontents.cgi
 |- savePageProperties.cgi
 |- saveSprite.cgi
 |- saveStyles.cgi
 |- tag.cgi
 |- ungroupSprites.cgi
 |- unlockPassword.cgi


 ただし,
 system/fckeditor/editor/filemanager/connectors/perl/ ディレクトリは,
 CGIが実行される権限によって書き込み出来るように(777)してください.

 アップロードする場合,.cgi,.pmファイルについては改行コードがPerlのCGIとして実行できる
 形式でアップロードされているか注意してください.
 また,文字コードはUTF8ですのでそのままにしてください.
 全てバイナリモードでアップロードすれば問題は起こらないと思います.

------------------------------------------------
(5) admindataディレクトリへの.htaccessの設置
------------------------------------------------

 頒布ファイルにはadmindataディレクトリに置く.htaccessファイルを添付しています.
 htaccess_admindata という名前のファイルを .htaccessと名前を変えて,
 admindataディレクトリ直下に置いて下さい.

  なお,Windowsのエクスプローラでは通常 .htaccess という名前に変えることが出来ません.
 サーバへアップロードしてから,FTPソフト上でファイル名を変えるなど工夫してください.

 PositLogルートディレクトリ/ (755)
 |- admindata/ (777)
 |  |- .htaccess (644)

-------------------------------------------
(6) ルートディレクトリへの.htaccessの設置
-------------------------------------------

 頒布ファイルにはルートディレクトリに置く .htaccessファイルのサンプルを
 同梱しています.htaccess と htaccess_mod_rewrite の2つがあります.
 いずれかを,.htaccessと名前を変えてからPositLogのルートディレクトリに置きます.
 
 サーバの設定によってはPositLogが動作しなくなることがありますので,
 設定を変えるか,.htaccessを置くのをやめてください.
 
(a) htaccess

 最もシンプルなサンプルです.

- Options -Indexes

 この行では,PositLogのルートURL以下のディレクトリへアクセスしたとき,ディレクトリのファイル一覧を表示しないようにします.

- DirectoryIndex positlog.cgi index.html

 この行では,PositLogのルートURLにアクセスしたとき,
 positlog.cgi を呼び出すようにしています.もしもPositLogの管理画面で
 ホームページとして設定されているページがあれば,そのページが表示されます.
 (ホームページの説明 http://positlog.org/071208Yf.html#id_spr6eaob)
 
- AddHandler cgi-script .cgi .pm .dat .spr

 この行では,PositLogの構成ファイル,とくに.datや.sprファイルを
 URL指定で直接読めなくすることを意図したものです.

(b) htaccess_mod_rewrite

 RewriteEngineの設定を含むサンプルです.

 まずはサーバでmod_rewriteが利用可能であるかどうか確認してください.
 可能である場合,PositLogConfig.pm内で $mod_rewrite = 1; としてから,
 本サンプルをご利用ください.PositLogConfig.pmにも説明がありますので参照してください.

 mod_rewriteが利用可能なサーバでは,本サンプルの設定を利用することにより
 ページのURLの
 positlog.cgi?load=000000XX の部分を 000000XX.html で置き換えたり
 タグをmicroformatsのrel-tagに対応させることが出来るようになります.
 (http://microformats.org/wiki/rel-tag)


----------------------------------------
(7) 管理者のユーザIDとパスワード設定
----------------------------------------

 createadmin.cgi をWebブラウザ上で開いてください.
 管理者(admin)用のユーザIDとパスワードを入力し,[Create] ボタンを押してください.
 管理者の認証用データとして,admindata の下に key.dat というファイルが作成されます.
 作成後,createadmin.cgiファイルはサーバから削除してください.
 管理者のユーザIDあるいはパスワードを忘れた際は,key.datを削除し,createadmin.cgiを再びアップロード,実行してください.

 createadmin.cgi が動作しない場合は,PositLogConfig.pm を書き間違えたか,正しく保存されていない場合があります.もう一度 PositLogConfig.pm をダウンロードして,別のエディタで編集,保存してみてください.(参考:http://positlog.org/080104Tu.html#id_spr8bxhu)


=====================================================
以上で完了です.お疲れ様でした!



--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
5.PositLog の開始
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

PositLogは次のようにして開始します.

----------------------------------------
(1) 管理用ツールへログイン
----------------------------------------
 admintools/admin.cgi をWebブラウザ上で開いてください.
 ログイン画面が表示されますので,先ほどの管理者のユーザIDとパスワードを入力し,
 [Login] ボタンを押してください.管理画面へログインできます.

【注意】
 ブラウザが一時的なCookieを受け付けない設定では,正しくログインできません.
 一時的なCookieを利用可能としてください.


----------------------------------------
(2) 新しいページの作成
----------------------------------------

 まずはページを作成しましょう.
 「Create new page」という項目が管理画面のトップに表示されています.

 (参考)http://positlog.org/071208sA.html

 この項目の空欄にあたらしいページの名前を入れて,「Create this page」ボタンを押してください.
 
 ページが作成され,ページリスト(List)が表示されます.
 ページリストから「edit」リンクを辿ると,新しいページを編集することができます.
 ページリストから「open」リンクを辿ると,新しいページを閲覧することができます.

 (参考)http://positlog.org/071208Yf.html#id_spr9esau

 あとはWeb版のマニュアルをご覧下さい.
 http://positlog.org/071208Rq.html

 とくにセキュリティに関する項目はご一読およびご注意ください.
 http://positlog.org/071213gV.html


以上です.
 
2008/01/23  23:31:04  spr8acbf    in PositLog - Administration : Users
[管理者] [admin] [createadmin]
管理者(admin)

PositLogを管理するユーザです.ひとつのPositLogシステムには必ずひとりだけ存在します.PositLogとその管理用ツールの全ての機能を利用可能です.とくにユーザを作成/削除したり,ページの編集権限を変更できるのは管理者のみです.

システム上は常にadminというidで表示されます.ログインのためにこれとは別のidを持っています.ログイン用のidはPositLogのインストー ル直後に設定したはずです.なお,管理者がログイン用のidを途中で変更してもシステムの動作に不都合はありません.ログイン用のidを変えるには, admindata の下にある key.datというファイルを削除し,createadmin.cgiをサーバへアップロード,パーミッションを変更(755)し,実行してください.