Recently modified pages  (Home)

[Login] [Recent Sprites]

2014/11/18  15:58:10    PositLog - Redrawing the Web    (spr1ffvh)
News!

2009/10/9

進化版を開発中 from 未踏IT・2008年度下期プロジェクト.
http://crowkee.jp/


2008/6/2

インストールのいらないWebサービス版
 SaasBoard
2008/11/20  19:00:33    PositLog - Quick Manual    (spr3ctoc)
 HTMLのブロックを表示します
 HTMLソースを編集します(要Permission Lv4
 フォーマット(修飾)を削除します
 元に戻す,やり直し
 検索,置換
 箇条書き(ol, ul)
 インデント
 引用(blockquote)
 左揃え,中央揃え,右揃え,両端揃え
2008/07/03  15:01:02    PositLog - FAQ    (spr4lsii)
Q8. PositLogの開発者はだれですか.
A8. PositLogのソースコードはいまのところhidekazこと久保田秀和(hidekaz@positlog.org)がひとりで書いています.
2008/06/11  00:15:57    PositLog - About    (spr1xyby)
PositLog(ポジログ)は2006年5月に京都で生まれたWeb構築システムです.このWebの世界の上で,好きなものを好きな場所へ好きなように描けるようにしたいという動機に基づいて日々開発が進められています.

PositLogは GPL 2.0 に基づいて自由にご利用いただくことができます.サーバへインストールする際の必要条件はごくわずかです! Perl5.8が完全に動作する環境であればOKです.

利用者のコメントを広く求めています.ぜひともフォーラムまでお寄せください.

2008/06/11  00:14:47    PositLog - Source code    (spr9wupw)
チェックアウトはどなたでも可能です.
2008/04/15  16:57:48    PositLog - Manual : Plugin : RecentSpritesLite    (spr0cljs)
標準プラグイン

統計情報の表示


外部コンテンツの取り込み


情報整理
2008/04/15  16:36:26    PositLog - Manual : Plugin : TagCloud    (spr7jitw)
標準プラグイン

統計情報の表示


外部コンテンツの取り込み


情報整理
2008/03/18  19:11:03    PositLog - Manual : Upload    (spr2nkkm)

編集権限がLv3の場合,画像/ファイルの埋め込まれたスプライトをエディタで開くと,コントロールパネルにファイル名と「clear」ボタンが表示されるようになります.「clear」ボタンを押すと画像/ファイルはスプライトに表示されなくなります.(いったんアップロードした画像/ファイルをサーバから消すことはできません.)

Lv4の場合は,アップロードした画像を表示するためのIMGタグやファイルへリンクするAタグがエディタ上に表示されます.
2008/03/06  00:37:27    PositLog - Install    (spr8lqbt)
===============================================================
 Positlog インストールマニュアル

 Copyright (c) 2006-2008 Hidekazu Kubota. All rights reserved.
  <hidekaz@positlog.org>
   http://positlog.org/

 Change Log:

 2008-03-05 Version 0.61
 2008-02-12 Version 0.6
 2007-08-22 Version 0.583
 2007-04-23 Version 0.5
 2006-11-22 Version 0.4
 2006-08-07 Version 0.3
 2006-07-30 Version 0.2
 2006-06-05 Version 0.1
===============================================================

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
1.はじめに
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

本文書ではPositLogの新規インストール方法について説明します.

- 0.60, 0.60ベータ版,0.61b1からのアップグレードの場合,ver061b1to061.txtの指示に従ってください.

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
2.インストールのために必要な環境
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

PositLogはCGIプログラムであり,以下の条件を満たすサーバ環境で動作します.

・Perl 5.8 以上が問題なく動作するサーバ
 (よりバージョンの古いPerlでも動作するかもしれませんが,
  おそらくCPAN(Perlモジュールが多数登録されている有名サイト)経由で
  モジュールを追加する必要があります.)

 環境ではありませんが,PerlとCGIの設定に関する基本的な知識も必要です.


・CGI専用のディレクトリを定めているサーバ(ScriptAlias利用)は,PositLogの正式サポート外としています.このため,一部,そのままでは動作しない機能があります.また,インストール方法も本文書とは異なる部分があります.該当する場合は本文書に一通り目を通した後,scriptalias.txt を参考にしながら設置してください.scriptalias.txt に挙げたものはあくまで参考例なので,いくらか修正する必要があると思います.


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
3.Perlのインストールパス確認
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

 PositLogではPerlが次のパスにインストールされているという前提で製作されています.

 /usr/bin/perl

 別の場所の場合は,同梱の .cgi ファイル全てについて,
 冒頭部に記述された Perlのパスを変更してください.


--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
4.インストールの手順
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

 サーバ上のWWWでアクセス可能な場所にPositLog用のディレクトリを一つ用意してください.
 (例)/var/www/html/positlog/
 これをPositLogのルートディレクトリと呼びます.
 PositLog以外には何も置かれていないほうがよいと思います.

 PositLogのルートディレクトリに対応するURLをルートURLと呼びます.
 (例)html://xxx.com/positlog/


 また,以下では次のような意味合いでパーミッションを記述しています.

 777 : CGIが実行される権限によって書き込み可能
 755 : CGIが実行される権限によって実行可能
 644 : CGIが実行される権限によって読み取り可能

 パーミッションについてはサーバ環境とセキュリティポリシーに応じて適宜変更してください.
 レンタルサーバを利用している場合は特に,プロバイダによるCGI設定の際の注意書きを確認してください.

----------------------------------------
(1) アーカイブを解凍
----------------------------------------

 頒布ファイル positlog061.zip を解凍してください.
 positlog061 というディレクトリ(フォルダ)が作成されます.


----------------------------------------
(2) PositLogConfig.pm を設定,設置
----------------------------------------

 positlog061/document/Japanese/ ディレクトリにある PositLogConfig.pm を開いて,
 ルートURL($rooturl)を設定してください.
 最低限これだけでも動作しますが,そのほかの設定も必要に応じて変更してください.
 (PositLogConfig.pm の文字コードはUTF8です.文字コードは変更しないでください.)

 PositLogConfig.pmはPositLogのルートディレクトリ直下に設置してください.パーミションは644です.

----------------------------------------
(3) 必須ディレクトリを作成
----------------------------------------

 PositLogのルートディレクトリ直下に必須のディレクトリを作成します.

 admindata
 bgimages
 
 という名の2つのディレクトリをパーミッション777で作成してください.

 また,PositLogConfig.pm 内で設定したページデータ保存用ディレクトリ
 ($datapath)も777で作成してください.デフォルトでは pages という名前です.
 
 ここまでの作業の結果は,デフォルトの設定のままだと次のような構成になります.
 カッコ内はパーミッションです.

 PositLogルートディレクトリ/ (755)
 |- admindata/ (777)
 |- bgimages/ (777)
 |- pages/ (777)
 |
 |- PositLogConfig.pm (644)  

----------------------------------------
(4) ファイルのコピー
----------------------------------------

 positlog061b ディレクトリ内のファイルとディレクトリについて,
 次のものを除いた全てをPositLogのルートディレクトリへ設置してください.

 - documentディレクトリ
 - htaccess, htaccess_admindata, htaccess_mod_rewrite

 基本的にはディレクトリのパーミッションは755,ファイルのパーミッションは644,
 .cgiファイルのパーミッションは755としてください..cgiファイルの位置は次の通りです.

 PositLogルートディレクトリ/
 |
 |- admintools/
 |  |- admin.cgi
 |  |- adminnavi.cgi
 |  |- admintop.cgi
 |  |- pagemanager.cgi
 |  |- pageproperty.cgi
 |  |- positlogadmin.cgi
 |  |- usermanager.cgi
 |  |- userproperty.cgi
 |
 |- system/
 |  |- fckeditor/
 |      |- editor/
 |         |- filemanager/
 |            |- connectors/
 |               |- perl/ (777)
 |                 |- connector.cgi
 |                 |- upload.cgi
 |
 |- clearCache.cgi
 |- createadmin.cgi
 |- createPage.cgi
 |- deleteSprite.cgi
 |- fileloader.cgi
 |- fileupload.cgi
 |- groupSprites.cgi
 |- pagerss.cgi
 |- positlog.cgi
 |- recentcontents.cgi
 |- savePageProperties.cgi
 |- saveSprite.cgi
 |- saveStyles.cgi
 |- tag.cgi
 |- ungroupSprites.cgi
 |- unlockPassword.cgi


 ただし,
 system/fckeditor/editor/filemanager/connectors/perl/ ディレクトリは,
 CGIが実行される権限によって書き込み出来るように(777)してください.

 アップロードする場合,.cgi,.pmファイルについては改行コードがPerlのCGIとして実行できる
 形式でアップロードされているか注意してください.
 また,文字コードはUTF8ですのでそのままにしてください.
 全てバイナリモードでアップロードすれば問題は起こらないと思います.

------------------------------------------------
(5) admindataディレクトリへの.htaccessの設置
------------------------------------------------

 頒布ファイルにはadmindataディレクトリに置く.htaccessファイルを添付しています.
 htaccess_admindata という名前のファイルを .htaccessと名前を変えて,
 admindataディレクトリ直下に置いて下さい.

  なお,Windowsのエクスプローラでは通常 .htaccess という名前に変えることが出来ません.
 サーバへアップロードしてから,FTPソフト上でファイル名を変えるなど工夫してください.

 PositLogルートディレクトリ/ (755)
 |- admindata/ (777)
 |  |- .htaccess (644)

-------------------------------------------
(6) ルートディレクトリへの.htaccessの設置
-------------------------------------------

 頒布ファイルにはルートディレクトリに置く .htaccessファイルのサンプルを
 同梱しています.htaccess と htaccess_mod_rewrite の2つがあります.
 いずれかを,.htaccessと名前を変えてからPositLogのルートディレクトリに置きます.
 
 サーバの設定によってはPositLogが動作しなくなることがありますので,
 設定を変えるか,.htaccessを置くのをやめてください.
 
(a) htaccess

 最もシンプルなサンプルです.

- Options -Indexes

 この行では,PositLogのルートURL以下のディレクトリへアクセスしたとき,ディレクトリのファイル一覧を表示しないようにします.

- DirectoryIndex positlog.cgi index.html

 この行では,PositLogのルートURLにアクセスしたとき,
 positlog.cgi を呼び出すようにしています.もしもPositLogの管理画面で
 ホームページとして設定されているページがあれば,そのページが表示されます.
 (ホームページの説明 http://positlog.org/071208Yf.html#id_spr6eaob)
 
- AddHandler cgi-script .cgi .pm .dat .spr

 この行では,PositLogの構成ファイル,とくに.datや.sprファイルを
 URL指定で直接読めなくすることを意図したものです.

(b) htaccess_mod_rewrite

 RewriteEngineの設定を含むサンプルです.

 まずはサーバでmod_rewriteが利用可能であるかどうか確認してください.
 可能である場合,PositLogConfig.pm内で $mod_rewrite = 1; としてから,
 本サンプルをご利用ください.PositLogConfig.pmにも説明がありますので参照してください.

 mod_rewriteが利用可能なサーバでは,本サンプルの設定を利用することにより
 ページのURLの
 positlog.cgi?load=000000XX の部分を 000000XX.html で置き換えたり
 タグをmicroformatsのrel-tagに対応させることが出来るようになります.
 (http://microformats.org/wiki/rel-tag)


----------------------------------------
(7) 管理者のユーザIDとパスワード設定
----------------------------------------

 createadmin.cgi をWebブラウザ上で開いてください.
 管理者(admin)用のユーザIDとパスワードを入力し,[Create] ボタンを押してください.
 管理者の認証用データとして,admindata の下に key.dat というファイルが作成されます.
 作成後,createadmin.cgiファイルはサーバから削除してください.
 管理者のユーザIDあるいはパスワードを忘れた際は,key.datを削除し,createadmin.cgiを再びアップロード,実行してください.

 createadmin.cgi が動作しない場合は,PositLogConfig.pm を書き間違えたか,正しく保存されていない場合があります.もう一度 PositLogConfig.pm をダウンロードして,別のエディタで編集,保存してみてください.(参考:http://positlog.org/080104Tu.html#id_spr8bxhu)


=====================================================
以上で完了です.お疲れ様でした!



--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
5.PositLog の開始
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

PositLogは次のようにして開始します.

----------------------------------------
(1) 管理用ツールへログイン
----------------------------------------
 admintools/admin.cgi をWebブラウザ上で開いてください.
 ログイン画面が表示されますので,先ほどの管理者のユーザIDとパスワードを入力し,
 [Login] ボタンを押してください.管理画面へログインできます.

【注意】
 ブラウザが一時的なCookieを受け付けない設定では,正しくログインできません.
 一時的なCookieを利用可能としてください.


----------------------------------------
(2) 新しいページの作成
----------------------------------------

 まずはページを作成しましょう.
 「Create new page」という項目が管理画面のトップに表示されています.

 (参考)http://positlog.org/071208sA.html

 この項目の空欄にあたらしいページの名前を入れて,「Create this page」ボタンを押してください.
 
 ページが作成され,ページリスト(List)が表示されます.
 ページリストから「edit」リンクを辿ると,新しいページを編集することができます.
 ページリストから「open」リンクを辿ると,新しいページを閲覧することができます.

 (参考)http://positlog.org/071208Yf.html#id_spr9esau

 あとはWeb版のマニュアルをご覧下さい.
 http://positlog.org/071208Rq.html

 とくにセキュリティに関する項目はご一読およびご注意ください.
 http://positlog.org/071213gV.html


以上です.
 
2008/03/05  22:29:28    PositLog - Create and manage page    (spr5wnci)
ホーム位置の変更・保存

ホーム位置とは,ページの初期ズーム値と表示位置のことです.ユーザはページ右上のホームボタンを押すことによって,ページの表示をこのホーム位置へ戻すことができます.

ログインユーザおよび管理者は,自分が作ったページのホーム位置を変更することができます.編集モードの場合,コントロールパネルの右端に「ホーム位置を保存」ボタンが表示されます.現在のページの倍率と位置を任意の状態に調整した後,このボタンを押すと,現在の状態がホーム位置として保存されます.デフォルトは1.0倍,座標(0,0)がホーム位置です.
2008/03/05  22:06:02    PositLog - Manual : Contents    (spr2ennf)

(1) インストール方法

新規インストール

ver. 0.583 から 0.60 へのアップグレード方法


(2) 管理用ツール
 
管理用ツール・トップページ

パスワードの変更

(2.1) ページの管理

(2.1.1) ページグループの作成と管理(Page groups)

(2.1.1a) ページグループの詳細設定

(2.1.2) ページの作成と管理(Pages)

(2.1.3) ページのプロパティ設定

(2.1.3.a) ページのPermission level

 

(2-2) ユーザの管理

(2.2.1) ユーザグループの作成と管理(User groups)

(2.2.1a) ユーザグループの詳細設定 New! (ver. 0.61) サブ管理者グループ 

(2.2.2) ユーザの作成と管理(Users)

(2.2.2a) ユーザの種類(管理者,ログインユーザ,パブリックユーザ)
(2.2.2b) 全ユーザリスト(All users)

(2.2.3) ユーザのプロパティ設定

(5) セキュリティ

(6) 出版モード

(7) 国際化対応

(8) 高速化(gzip圧縮転送)

(9) ファイル構成

画像/ファイルの一括アップロード

2008/03/05  09:44:31    PositLog - Wiki syntax    (spr2wpxu)

PositLogのWikiエディタで利用可能なWiki記法について説明します.
ページでWikiエディタを利用するにはページプロパティのエディタの種類でWikiエディタを選択してください.

なお,WikiエディタではWikyライブラリを利用しています.文法はおよそWikyに準じますが,変更,拡張された部分があります.

2008/03/05  09:41:50    PositLog - Administration : Page properties    (spr6fyex)
Wikiエディタ

 Wiki記法はこちらを参照してください.
  • Wiki記法を用いて文章の段落設定やセンタリングのような構成,文字の色や大きさのような修飾を行うことができます.
  • 画像やファイルをアップロードするには別途,Lv 3(添付ファイル付きスプライトを作成可能)の編集権限が必要です.
  • HTMLを直接記述するには別途,Lv 4(スーパースプライトを作成可能)の編集権限が必要です.ただし,Wiki記法とHTMLタグを混在させるとうまく解釈されないことがあります.
2008/03/05  09:14:15    PositLog - Manual : Drag-and-drop files from desktop    (spr3dczv)
ドラッグ&ドロップボタン
2008/03/05  09:06:58    PositLog - Administration : User group configurations    (spr3rflj)
サブ管理者グループ

このユーザグループを「サブ管理者グループ」にします.あるサブ管理者グループに属するログインユーザは,このグループが書き込み権限を持つページにおいて,他のログインユーザのスプライトを移動したり編集することができます.変更後,「Change configuration」ボタンを押して下さい.